コミュニケーション障害の方でもできる仕事まとめ

コミュ障でもできるおすすめの仕事・アルバイト

コミュ力に自信がない、口下手で人との関わりがとてつもなく苦手……そんなコミュ障の自覚があり、コミュ力の問題で悩んでいる方に向け、コミュ障でもできる仕事の特徴や向いている仕事内容、具体的にどんな仕事がおすすめなのかをまとめ、紹介しています。

 

 

コミュニケーションで悩んでいる方は、仕事上での悩みどころを明確にし、働きやすい仕事を見つけるのは大切です。もちろんコミュ障を克服できればどんな仕事でも良いと思いますが、難しい場合は自分に合った仕事・職場を選ぶのも幸せな生き方です。何より自分の力を最大限発揮できるかもしれません。


コミュ障とは?コミュ障ってどんな人のことを言うの?

 

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略称として、人とのコミュニケーションを苦手としている人のことを指す呼称です。

 

ネット上では随分軽い意味(少し口下手・話が苦手というだけ)で自虐的なニュアンス、または恥ずかしさを隠すための自己防衛的な使い方をしている人も多いです。

 

しかし、本当にコミュニケーションが苦手で悩んでいる人にとっては深刻な問題で、人に声をかけることがまったくできなかったり、簡単な質問や問いかけにもどう返していいのかがわからず黙り込んでしまう人もいます。

 

そのため、仕事でもやる気はあっても成果が付いてこないと苦しんでいる人も多いです。また、真面目な方も多いため余計にフラストレーションが溜まってしまう傾向があります。

 

仕事や職種を上手く選ぶことで大きな成果を出せる可能性がある人とも言えるので自分に合った仕事を見つけて力を最大限発揮して欲しいと思います。

 

コミュ障の方に向いている仕事・アルバイト

「コミュ障とは?」でもお伝えした通り、コミュ障(コミュ力)に悩んでいる方は、程度の差はあれ、対人間(たいじんかん)でのコミュケーションなど、会話や意思疎通を苦手としている方が多いと思います。

 

仕事上の確認(報連相など)が多かったり、電話対応が多いなど人と接する機会の多い(人との関わりの多い)仕事はストレスが溜まりやすいため、コミュ障の方には対人関係の少ない仕事がおすすめです。

 

新聞配達の仕事

ポスティングの仕事

ライター(内職・在宅ワーク)の仕事

これらの仕事は業務中に一人になれる(一人で作業を行う)仕事の代表的なものにあたります。一人になれる機会の多い仕事は人との関わりが少なくコミュ障で悩む方におすすめです。

工場の仕事

清掃の仕事

プログラマーなどの専門職

また、基本的には作業に没頭しつつ、適度に周りと関係を持ちながら働きたいのであればこれらの仕事やバイトがおすすめです。

 

やるべき作業が決まっている仕事やバイトというのは、その仕事に没頭しやすく仕事を覚えてしまえば一人で業務を行うことも多くなります。工場や清掃などの肉体労働は体力が必要ですが、体を動かしているので時間の経過も比較的早く感じるものです。

 

工場も専門職も自分の仕事に集中する時間が多いので対人関係は比較的少なく、最低限の関わりを持ちながら働くことも可能です。

 

 

今後のことを考えてコミュ力を付けていきたいというのであれば、人との関わりが多い、または適度にある仕事場で働くのも一つです。今後のことを考えたときにどんな働き方が良いのかを考え、バランスの取れた職場や働き方を選択するといいと思います。


 

例えば、荒療治的に営業職やレジ打ちバイトなど人と接する機会の多い仕事に就き、対人スキルを無理矢理引き上げて克服する方法もありと言えばありだと思いますが、「障害」と名の付く通り克服が難しい問題でもあります。

 

何より悪い方向へ転んでしまった場合、失敗のトラウマや鬱症状ほか、症状の悪化が心配です。そんな博打のような方法ではなく、段階的に克服していくのが賢明です。

 

仕事によっては対人場面が少ない(もしくはない)仕事や小規模のチームで動くような人との関わりが最小限で済む仕事もあるのでそういった仕事に就いて働くというのもコミュ障に悩む方の一つの働き方、対策と言えます。

 

対人関係の少ない職場で働くメリットとデメリット

対人関係の少ない仕事や職場というのは人との関わりが少ない、またはない仕事になるため、コミュ障の方など人とのコミュケーションを苦手とする方にとっては「人との関わりが少ない」という面で大きなメリットになります。

 

仕事のみに集中し、黙々と作業に取り組めるため、成果が上がる可能性もあります。専門職などであればプロフェッショナル、スペシャリストを目指すことで高給取りになることも可能でしょう。

 

デメリットとしては完全に人間関係を断ってしまうような職場の場合、克服の見込みが得られなくなる点です。別にそれでも構わないということであれば問題ありませんし、プライベートは充実しているというのであれば、仕事は仕事と割り切ってしまうのも良いでしょう。

 

また、「仕事で成果を出して自信を付ける」というのは意外と克服に役立つこともありますが、人との関わりがなくなることで克服が難しくなる可能性もあるのでその点はデメリットと言えるかもしれません。

 

正社員よりも気持ち的に楽な「派遣社員」

どんな仕事にも言えることですが、自宅でやるような仕事以外は人間関係が完全にゼロになるということはなかなかありません(自宅でやるような仕事でも少なからず人との関わりはあります)。

 

最低限の人との関わりというのはどのような仕事でもあります。人間関係の多い少ないで職場や職種を選ぶのも一つですが、派遣社員など正社員よりも精神的に気楽に働ける仕事のスタイルを選ぶ方法もあります。

 

もちろん派遣だから責任がないということではありませんが、正社員よりも気持ち的に楽な場合も多いです。コミュ障で人との関わりが苦手という方は「派遣社員という働き方」も悪くないと思います。

 

現に、派遣という楽なスタイルが好きで正社員の話があっても派遣を続ける人もいるくらいです。社会的な信用で言えば正社員に分がありますが、正社員がいい、派遣社員がいいは人それぞれの考え方によるものなので自分のスタイルに合った働き方を選択するのも充実した人生を送る上ではありだと思います。

 

派遣会社には色々な仕事があるので色々試してみるのも良いと思います。
人材紹介会社や人材派遣会社を利用した就職・転職方法

おすすめの仕事・職探しサイト

 

超短期バイトもすぐ見つかる!

ショットワークス

  • 日雇い・日払いバイト多数!一度試してみたいときに最適
  • 今日・明日・明後日など今すぐ始められる仕事多数
  • 面接なしで始められるアルバイト求人多数掲載

詳しくはコチラをクリック >

 
 

29歳以下のニート・フリーター・派遣の方におすすめ!

パーソナルキャリア

  • 脱ニート・フリーター・派遣をサポート
  • ゼロから正社員への就職支援が得意
  • 実習期間中最大10万円の支援金支給あり

詳しくはコチラをクリック >

 
 

苦手な面接をパスして腰を据えて働くなら!

ヒューマンリソシア

  • 充実のスキルアップ支援で未経験でも働きながら学べる
  • 専門職に強く、事務系求人も多数
  • 派遣なので面接もパスしやすい!面接というよりも顔合わせ

詳しくはコチラをクリック >