就職・転職の面接が苦手な方におすすめの薬による緊張・あがり対策法

就職・転職の面接が苦手な方におすすめの薬による緊張・あがり対策法

人と関わらない仕事がしたい人、精神的に楽な仕事がしたい人の中には面接に苦手意識を持っている人も少なくないと思います。

 

単純に苦手という人もいれば、あの独特の緊張感が嫌な人もいます。

 

普段は普通に喋れたり、人とコミュニケーションが取れるのに改まった場所にいくと緊張してしまいうまく本来の自分が出せない人など様々だと思います。例えば、面接でなくても普段の仕事の中でプレゼンが苦手、電話対応が苦手、会議での発言が苦手……こういった方は人前で話をすることに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?

 

そういった対人場面が苦手な方、緊張してしまいがちな方に面接対策として使える緊張を抑える薬(医薬品)を紹介します。

 

ストレスやイライラ、動悸を抑える薬があるように、薬の中には緊張を抑制する効果が得られるものもあります。

 

緊張・あがりに効く薬

薬にも市販で買えるもの、病院で処方してもらわなければ買えないものがありますが、ここで紹介するのは主に病院で処方してもらうことでもらえる作用の強いものです。市販薬ではパンセダンやイララックが有名ですが、強い緊張感を鎮めるほどの効果はないと言われており、面接の緊張対策としては不向きと言えます。

 

リラックス効果のある抗不安薬デパス

デパスは日本で最も広く使われていると言われる抗不安薬(精神安定剤)です。主成分エチゾラムが交感神経に作用し、不安な気持ちを落ち着かせるリラックス効果や緊張で固まった体をほぐす筋弛緩効果があります。

 

デパスは医療現場などでも手術前にリラックスを目的に使われることもあり、非常に幅広い用途で使われている薬です。

 

面接前に緊張して落ち着かない、不安で仕方がない……そんな焦り、不安な気持ちを落ち着かせ、平常心で臨むことができ、面接の場面でも緊張を感じにくくすることができるようになるでしょう。

 

ただし、副作用としてふらつき、倦怠感、脱力感などの報告もあり、特に眠気などは人によっては強く感じる場合もあります。デパスは睡眠薬ではありませんが、リラックス作用が強く、睡眠導入剤としても使用されるように人によっては眠気を催す場合があるので服用時の車の運転などは控えた方が良いでしょう。

 

動悸を鎮める効果のあるβ遮断薬インデラル

インデラルはβ遮断薬(βブロッカー)で元々は狭心症の薬として使われている薬です。主成分プロプラノロールがアドレナリンとβ受容体の結合を阻害することで、緊張や不安などにより乱れた心拍を正常に保つ働きがあります(このアドレナリンとβ受容体の結合を阻害するためβ遮断薬と呼ばれています)。

 

緊張時に心臓のドキドキに悩んでいる方などの味方になる薬と言えます。

 

副作用としては、徐脈、めまい、ふらつき、発疹、視力異常が一部で報告されています。デパス同様めまい、ふらつきを感じた場合は車の運転などは控えた方が良いでしょう。

 

 

 

両薬とも比較的副作用の少ない薬ですが、薬である以上副作用が現れる可能性はあるのでこういった副作用・症状が現れたときは薬の使用を中止する、医師や薬剤師に相談するなど慎重になる必要はあるでしょう。

 

購入方法について

両薬とも日本で認可が下りている薬ですが、市販薬として販売されておらず購入には医療機関を受診する必要があります。しかし、自己責任にはなりますが、インデラルは個人輸入という形で海外から通販で購入することが可能です。デパスは2016年に個人輸入規制が適用され、現在は通販(個人輸入含む)にて購入することはできません。

 

個人輸入は個人の使用であれば違法ではありません。ただし、購入は自分のためであり、人に譲渡して使う場合は使用者が自分で購入する必要があります。つまり、薬の譲渡は禁止されているということです。また、医師の診断がないため、使用は用法用量を守り正しく使うこと、また、自己責任の下使用するということを理解した上で使う必要はあります。

 

病院・通販どちらを利用して購入するかはあなた次第ですが、こういった緊張対策として使える薬もあるので面接が苦手な方にとっては非常に助けになるはずです。薬の効きには個人差があるため、誰しもが同様の効果を得られるわけではありませんが、一つの緊張対策として検討してみる価値はあるかと思います。

 

巷でよく目にする精神論的な緊張対策と違い、服用すれば効果が現れる科学的な緊張対策とも言えるかもしれません。

 

ちゃんと届くのか?

個人輸入というと騙されないのか?という不安もあると思います。また、どんな状態(梱包状態)で届くのかも気になる部分かと思います。

 

しかし、実際に個人輸入で医薬品を購入している方もおり、問題なく届くようです。梱包も目隠し梱包で外からは何を購入したのかがわからないよう配慮されている様です。

 

引用
私は1人暮らしのため周囲の目を気にする必要はありませんが、実家暮らしの方や親と同居している方でも何を購入したのかがバレることなく購入できると思います。
http://xn--z1tr49d9mf.com/

 

薬の個人輸入代行サイトとしても有名なオオサカ堂での購入で通販サイトにも同様に届き方が紹介されているので気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
また、梱包や届き方だけでなく、薬に対する多くの口コミも寄せられているので使用者の声として参考にしてみると良いのではないかと思います。

 

用法用量を守り正しく利用してください

最後になりますが、就職・転職の面接対策として緊張を和らげる薬を紹介しましたが、薬は使い方によっては薬にもなれば毒にもなりえます。そのため、用法用量を正しく守り使用するようにしてください。薬を使用し、面接を乗り切れてもトラブルを招くようなことになってしまっては意味がありません。

 

そのため、少しでも不安に感じた場合は医療機関での購入をおすすめします。