ニート脱出に向いている仕事・バイト・働き方

ニート脱出に向いている仕事と働き方!空白期間の面接、社会復帰におすすめの方法は?

  • 長年仕事に就いていない
  • 働きたいと思っているけど自信がない
  • 空白の期間が不安で仕方ない

 

現在ニートでニート生活を脱出したいと考えているけれどなかなか一歩が踏み出せないという方に向け、ニート脱出一発目の仕事として向いている働き方・仕事について紹介しています。

 

ニートとは就学・就労・職業訓練を受けていない、いわゆる無職の状態です。また、一応は15歳〜34歳までの若年無業者を指す言葉です。ただし、明確な定義を意識して使っている人はわずかだと思うのであまり気にする必要はないと思います。

 

仮に今あなたがニートの状態であったとしても、この記事を見てくれているということは僅かでも働く意思がある方だと思います。働く意思・気持ちはあるけど、色々な感情が邪魔をしてなかなか第一歩が踏み出せないのだと思います。

 

ニート生活は長くなればなるほど精神的にも抜け出すのが難しくなり、現実的にも空白期間が就職などの足かせになります。これ以上期間を延ばさないためにも行動を起こすことをおすすめします。

 

ニート生活でネックになる部分と、それを解消できるような働き方を紹介します。

 

ニートの人が仕事に就くときに困りやすいこと

まずは、ニートの人がニート脱出(社会復帰)の際にどんなことで悩みやすいのか、ニートに多い悩みをまとめました。同様の悩みを持つ方のことを知り、客観視することで次のステップにつなげる力に変えていきましょう。

 

働くことへの恐怖(前向きになれない)

働くことに恐怖を感じ、前向きになれないというのはニートの人に多い悩みのひとつです。

 

社会に出た経験がない(または少ない)状況では当然とも言えます。

 

近年で言えば「ブラック企業」などの言葉が広まり、真贋は別として厳しい労働環境に不安を感じ、「自分なんかに働けるのか」「酷い会社に当たったらどうしよう」「酷い会社にしか就けないかもしれない」と思ってしまう方が多いようです。

 

もちろん、そういった会社は避けるべきです。必要はなく、また、周りからのサポートを受けることで酷い会社を避けることもできるので就職や仕事へ就くことの恐怖は感じる必要はありません。

 

恐怖心をゼロにするのは難しいと思いますが、必要以上に怯える必要はありません。

 

空白期間による面接の恐怖

ニート期間が長くなることのネックはやはり履歴書の空白期間です。面接などでは当然のように「この期間は何をされていたのですか?」と言った質問を投げかけられます。

 

今のやる気が重要なので基本的には正直に話せば良いとは思いますが、どうしても長期に渡る空白期間は理由によってはマイナスの印象を与えますし、採用の合否に関わる部分でもあり気になる部分です。

 

ニート生活を脱出しようとやる気になってもなかなか仕事が決まらないとなれば気持ちも萎えてしまいます。

 

ニートの方にとってネックになりやすい、この空白期間や面接問題は上手に突破する方法(または避ける方法)も紹介しているのでまずはこのまま読み進めてみてください。

 

働かなくても良い環境に意欲が湧かない

動き出せない理由には先の二つの理由も大きく関係していますが、今働かなくても生活できている状態の人ほど働くきっかけを掴めない傾向があります。

 

親のすねをかじりながらも何とか生活が送れているような人は、働く必要性を感じず、なかなか重い腰が挙げられないという人も多いです。今の生活に不安はあれど「働かなくても良い」という状況や気持ちが、就職を困難にしています。

 

働かなくてもなんとかなってしまっている状況から働く意欲が出しにくく、就職を考えるだけで踏みとどまってしまっているのも、別段急ぐ必要はないという心の余裕がそうさせている可能性があります。

 

今はそれでも良いかもしれませんが、いざその状況から脱しなければいけない瞬間が来た時に、打開する策を持っていないと大変です。

 

親がいて、その収入で食べられている間はニートでもいられますが、親に何かがあったり、家を追い出されたり、生活の基盤が揺らぎ、途絶えることになればそうはいきません。

 

何かが起こったら働かざる得ないのであれば、今働き始めて親などに少しでも楽をさせてあげるのも良いのではないでしょうか。少なくとも今この記事を読み、ニートを脱したいと思っているあなたであれば十分に働き始めることはできるはずです。

 

その時は突然やってくるかもしれません。

 

今この時から動く準備をし、実際に動き始めることがいざという時の対策にもなります。

 

仕事が合わなかったらという不安

もしも自分に合わない仕事だったらどうしよう、その不安も働くことへの障壁になります。

 

これは誰にでも言えることですが、今働いている仕事が自分の理想にぴったり当てはまることは少ないです。むしろ天職と言われるような仕事に出会えている人は稀(まれ)かもしれません。

 

そのため、仕事は仕事と割り切って臨んだり、天職に出会いたいのであれば、多くの仕事を見ることをおすすめします。やってみなければわからないことが多い以上は、合わないかもしれないことを恐れていても、何も始まりません。

 

仕事が合う合わないはやってみないとわからない部分も多いので悩んでいても仕方がない部分であり、多くの人が割り切って仕事をしていることを理解することも大切です。

 

本当に自分に合う仕事を見つけたいのであれば、自分で仕事を興したり、色々な仕事を経験して合う仕事を見つけるために動くのが大切です。

 

 

 

ニートが長引いている人にはそれぞれに就職や仕事に対する不安を抱いていると思いますが、こういった悩みを抱えている人が多いです。

 

もちろんこういった悩みを完全になくすことは難しいですが、逆に言えば気にしすぎる必要もありません。一度ニートになったからと言って人生が終わるわけではないのでニートでも働ける仕事を探したり、仕事先を見つける際のコツなどをお伝えしていきます。

ニートからの再出発の難関は面接?

ニートからの社会復帰において、面接は大きな障害として立ちはだかります。

 

面接は企業としてもどんな人を雇い入れるかを判断するための必要な工程であり、どんな仕事に就くときにでも、ほぼ発生するイベントと言えます。

 

中には面接のない仕事もありますが、アルバイトやパート、派遣社員や正社員でその重圧に違いはあれど、ほぼほぼ面接は存在します。
参考:面接なしのバイト・仕事

 

また、面接ではニートであったことはほぼ確実に知られてしまいます(バレてしまいます)。経歴や話をしていればだいたいがわかることであり、なかなか隠しようがありません。

 

そのため、面接では「どういった対応を取るのか」ここがカギになります。

 

ごまかしてもニートであったことがバレてしまえば、評価がマイナスに働くことはあります。しかし、どうすることもできない事実である以上そこは受け入れて、逆に恐れすぎてしまわないように注意しましょう。

 

では、ニート期間の長い人がどうやって仕事に就くのか、面接を突破するためのコツなどを紹介します。

 

ニートが面接を突破するには?面接をパスするコツ

面接は「人」が行うものです。(現状では)決して機械が判別しているわけではありません。そのため、どのような印象を持たれるかが重要であり、面接での内容も影響します。

 

良い印象を持ってもらうためにどうしたらいいのか、面接を受ける前に考えてみることが面接突破の第一段階です。

 

スキルを身につける(手に職をつける)

ニートの定義に関わってきますが、ニートは教育も訓練も受けていない状態です。前職の関係もありますが、基本的には今、現段階で特別な技能を持っていないという人が多いと思います。

 

仕事にもよりますが、就きたい仕事にどんなスキルが必要なのかを考えてみましょう。

 

例えば、「得意なこと」「できること」といった質問は、どれもあなたが持っている技能を聞いています。あなたにできることがわかれば、あなたに何をしてもらえるのかを判断できますよね。特定の技能があれば、その分野で力を発揮できる可能性が上がります。

 

面接のときに、得意なことなどを上手に説明でき、その技能を自社で生かしてほしいと思ってもらえれば、ニートでもこれまでの状況は関係なくなります。結局のところ、使えるか使えないかなどで判断されるのが仕事です。

 

今武器になる特定のスキルがあればそれを生かせる仕事に就くのが手っ取り早いですが、何もない場合は何かしらの役立つスキルを身につけるのが早道です。しかし、どんな技能もすぐに身につくものではありません。時間もかかりますし、教育を受けなければわからない内容もたくさんあります。

 

今はインターネットを使い、オンラインでスキルを磨くこともできるので、そういったサポートを行っているところに頼ったり、自主的に勉強を進めてみると良いでしょう。

 

費用が必要になる場合が大半を占めますが、ニート対策として無料で展開しているスクールもあるので利用してみると良いでしょう。

 

無料でスクールが利用できるわけ

少し裏の事情もお話ししておきます。

 

無料で展開しているスクールもありますが、これもビジネスです。ニートが利用するうえで無料になるのには、必ず理由があります。ボランティアで行われるわけではありませんが、別にマイナスなことがあるわけではありません。

 

例えば、訓練を受けたら、そのまま就職することを条件にしている場合があります。

 

IT企業がほとんどですが、SEは慢性的に不足しており、人を育てても入社してもらえるのならメリットが出てくるからです。

 

プログラミングなどを無料で教えているスクールは、協賛企業がバックについている場合があります。

 

人材が不足しているため、資金を提供してでも自社が目指す能力を育ててもらい、斡旋(あっせん)してもらいたいと考えて協賛している状況です。

 

この条件を見ると、ブラック企業なのではないのか?と思うかもしれませんが、実際にそんなことはありません。人手不足なのは業界の抱える問題であり、打開するために様々な手段を講じています。

 

スクールに入り知識と技術を身につけ、そのまま就職できるのであれば、面接で怯える必要もなくなりますよね。道を作ってくれるわけですから、ニートでも何も問題はなく、むしろ積極的に使っていきたいサービスと言えます。

 

職業訓練校で技術を身につける

職業訓練校では、IT分野をはじめ、無料で様々な技術を身につけられる講義が行われています。こちらは、一般的にハローワークが窓口になりますが、ハローワークは国の事業であり、失業対策として行われています。

 

職業訓練の内容にも色々なものがあり、無料で受けることができるので、失業している状態なら有効に活用できるでしょう。

 

地域によって行われている内容は異なり、IT系のものもあれば、事務系のものもあり、必ずしも自分の好きな内容が選べるとは限らないことは理解しておかなければいけません。

 

また、職業訓練校はニートの方にとって重要なビジネス基礎を学べる場合があります。技能だけに目が行きがちですが、社会経験がない(少ない)以上、基礎的なことを知らないことが面接でもネックになりやすい部分です。

 

職業訓練は、あくまでも就職するために行われています。中には補助金をもらいながら学べる場合も出てくるため、基礎から底上げしたいときには確実な方法です。

 

自分で勉強して道を切り開く

先ほど少し触れましたが、独学や自分でスクールに通い、勉強して資格を取得してみるのも一つの方法です。時間がかかるかもしれませんが、自信を持てる可能性は高まります。

 

面接の際にも、資格を提示できるなら、少なくともそのレベルの知識や技能、能力を持っていることを証明できます。公的なものであれば、その保証はさらに効果を発揮します。

 

仕事ごとに必要・有効とされる資格もあり、例えば、事務系であれば、簿記検定を取得すれば大きなメリットになるでしょう。

 

PC(パソコン)をしっかり使えるスキルも強いです。インターネットが使えるのは当然として、マイクロソフトのOfficeを使いこなせるとこれもメリットになる可能性があります。

 

パソコンがあれば自分で学ぶこともでき、勉強方法や使い方もインターネットで探すことができます。

 

IT系では、資格は役に立たないと言われることもありますが、自分の技能や能力を証明する手段がないのであれば、資格を取れば説得力があがります。

 

中には資格取得を目指すだけでも手当てが出る会社もあるので、取得していれば給与がプラスされる場合も少なくありません。

 

ただし、独学で学び、合格を目指すこと、そして、そのスキル(資格)を活かすことは単純に資格取得する以上に大変なものです。資格は持っていても活かせなければ意味がないと言われますので、特定の分野で働いていくという強い意志を持って臨むことが大切です。

 

面接対策としての準備を行う

面接にプレッシャーを感じるのであれば、何かしらの対策を考えていくべきです。面接の際に何を重視するのかによっても、答えは変わってきます。

 

そこで、相手の企業はどんな会社なのか、営業内容などをはっきりさせる(企業研究をする)ところからスタートです。

 

製造業であれば、何を作っているのかなどの基本、それはどこで使われているのか、製品として販売されているのかだけでも違います。

 

どんなメーカーの商品なのか、会社の沿革も調べる必要があるでしょう。

 

ここからわかることは多岐に渡りますが、自分の人生とどこかラップする部分はないかを考えてみます。

 

一度でも就職しており、経験がある場合にはそこから引き出せることを箇条書きで出していくと、だんだんと共通点がわかるはずです。

 

これまで何もなかった場合、自分がアピールできるポイントを考えます。どんな生活をしていても、アピールポイントがゼロになることはありません。

 

仮にほとんどの生活を布団の中で過ごしたとしても、睡眠はしっかりとれて疲れをリフレッシュして毎日仕事に臨めるはずです。

 

アニメやマンガが好きで暇さえあれば読みふけるとしたら、集中力に自信があるといえます。仮に一般的にマイナスと思われがちなこともどうプラスとして捉えられるか、プラスに昇華できるかですね。

 

自分のアピールポイントは、いくらでも出てくるはずです。そのためには、自分自身をポジティブに捉えることが必要です。

 

色々と棚卸しをしてみると、ここは特徴的な部分でアピールできるところが見つかります。そこを調べた会社の情報と照らし合わせてみると、見えてくることがあるでしょう。

 

押せる部分は積極的にするのが、面接の大事なポイントです。

 

面接のサポートを受け一緒に乗り越える

面接は何も一人で乗り切るだけが方法ではありません。

 

インターネットの求人サイトには、面接サポートがついているところも増えています。例えば、転職エージェントがついている場合は、面接もサポートしてくれます。

 

「どんなことを聞かれやすいのか」など、その対処方法を指導するところから、事前に話をしておき応募先に伝わりやすい段取りもしてくれます。

 

転職に関わる様々な情報を手に入れられるため、社会を知らない状況を考えれば、エージェントの存在は強い味方になります。

 

サポートを受けるという面では、派遣業社を利用する方法もあります。派遣会社は少し特殊で、派遣会社での面接はありますが、派遣される企業での面接は基本的にありません。

 

もちろん、登録するために面接を受ける必要が出てきますが、ここで仕事が決まるわけではないので幾分か気は楽なはずです。

 

派遣業社から仕事をする場合、派遣先企業で面接を受けることがないのが重要です。法律でも定められていることであり、仕事の指示も派遣業社から受けます。

 

大きな違いになりますが、派遣業社と色々な話ができれば、抱えている案件の中から向いている仕事を紹介してくれるため、面接を含めた心配事の大部分は解消するでしょう。

どんな仕事がいいの?ニート脱出に向いているおすすめの仕事とその特徴

ニートの方はいわゆる無職の状態で人によってその期間は様々だと思います。ただし、ここではニートを「脱出したい」と考えている人を対象としているのでニート期間は長期に渡る方が多いと思います。

 

ニート期間が長いことで招く弊害としては、

  • コミュニケーション不足
  • 不規則な生活リズム
  • 仕事に対する責任感の欠落

などが考えられます。

 

また、ニート期間中ずっと引きこもっていた方などは人と接していないと声が出にくくなっていたり、人とのコミュニケーションに対して強い苦手意識が植え付いてしまっている場合もあります。

 

このようなことを考えると

  • 人との関わりの少ない仕事
  • 比較的簡単な仕事
  • 土日休みの仕事
  • 派遣の仕事(紹介予定派遣)

などが良いでしょう。

 

または、

  • 趣味や好きな分野

を仕事にすることで前向きに仕事を取り組めるようになるかもしれません。ニート脱出を考えると仕事を続けることも大切なのでこういった仕事を選ぶのも良いでしょう。

 

それでは具体的にどんな仕事が向いているのか、一例としておすすめの仕事や経験不問で雇ってくれるような仕事を紹介します。

 

プログラミングを学び、プログラマーやSEへ

仕事として働く前に、無料(または有料)で学べるスクールなどを活用し、いわゆる手に職をつけて道を切り開くにはプログラマーやSEなどの仕事はおすすめです。

 

進むIT化、そして専門的な知識が必要なため、これらの仕事は慢性的な人材不足であり、募集は引く手あまたです。

 

スキルを身につければニートでも関係なく採用されやすい仕事と言えます。

 

未経験での募集も多く目にしますが、企業本体が基本的に都市部に集中しているのが問題で、地方の場合にはなかなか見つけられない可能性もあります。

 

とにかく人手が欲しい介護職

高齢化社会が進み、超高齢化社会へ突入している状況は、社会として大きな問題を抱えています。介護職は必要であっても、とにかく人手が足りていません。

 

そのため、募集も多く出ており、ニートでも採用されるチャンスが十分にあります。

 

介護職は比較的新しい仕事のようにも見えますが、昔から必要とされているお仕事です。しかし、それでも人が増えていない現状は仕事としてとてもきつい側面があるからです。

 

定着率の悪化を招いた理由の一つには、人手不足により未経験者をどんどん招き入れていることもあると言われており、仕事として合わずに辞めていく人も多いと言います。

 

このように働き始めるのは簡単ですが、続けるのが難しい仕事とも言え、ある意味で悪循環の中にありますが、真面目に働いてくれる人材は常に求められています。

 

体力が必要な仕事で、夜勤もあるため厳しい面もありますが、やりがいのある仕事なのは間違いありません。

 

もちろん経験はあった方が有利ではありますが働きながら仕事を覚え、資格の取得などを目指すのが一般的です。

 

モノを作るデザイナー

絵を描けたり、物を作ったり、何かを創作することが好きな方にはデザイナーの仕事も選択肢として考えられます。

 

一言でデザイナーといっても範囲は広いですが、自分で作りたいものを作る仕事ではない点には注意が必要です。クライアントから受けた内容をデザインに落とし込むのが仕事です。例えば、会社のロゴの制作もあれば、商品自体をデザインする場合もあります。

 

ウェブデザインもその中のひとつに含まれますし、請けられる内容によって幅の広い仕事になります。

 

学んで身につけられる部分もありますが、センスが影響することも多い仕事です。優れた感覚を持っていたり、ニーズを読み取る優れた観察力・洞察力を持っていれば大成できる可能性もあるでしょう。

 

ある意味でセンスがものを言う仕事でもあり、成果物を持って面接に臨むことでニートであっても採用される可能性は十分にあります。

 

黙々と作業を行う製造業

製造業は人との関りが少なく、人間関係も濃くなりにくい仕事です。ニートでも心配・不安の少ない業種の一つに挙げられます。

 

主に工場での勤務になりますが、黙々と作業を行うことを求められるため、真面目に働ける人は歓迎されます。

 

面接も、極論「働くことができるかどうか」が重要視され、これまでの職歴もあまり関係ありません。派遣会社に登録する場合にも、紹介されやすい仕事です。

 

製造業も色々とあり、職場によって内容も異なります。簡単にできることもあれば、高い技術が必要な場合もあって様々です。

 

大きな工場となれば、ラインなど流れ作業の中に入る状況が多くなりますし、小さな製造業になると一人当たりの比重が高まります。

 

募集内容をよく見て、未経験でも務まるのかどうか、特別な知識は必要ないのか確認しておくといいでしょう。働きながら専門的な技術や知識を高めることで高度な仕事に就くことも可能です。

 

運転ができるのならドライバー

ニートと言っても状況は様々です。働いていないだけで車の免許を持ち、車を運転できる人も少なくないでしょう。車の運転が可能な人にはドライバーの仕事も選択肢としておすすめします。

 

ドライバーの仕事は、安全に車の運転ができるのが条件であり、ニートでも採用されやすい仕事と言えます。重要なのは、どれぐらい運転してきたかの、自動車運転の経験です。安全に運転できるかどうか、トラックなどの車両に対応できるかどうかの経験がカギになります。

 

真面目に仕事をしてくれる人が大切で、仕事中は人との接触も少なく、対人関係が苦手でも務まります。

 

正確に文字・数値を入力するデータ入力

世の中には様々なデータがありますが、PC(パソコン)に取り込んで使うことが一般化しています。分析もしやすくなり、統計も取れるためですが、入力するだけの業務は単調な作業になります。

 

データ入力は、外注に出しているところも少なくありません。手間仕事になるため、専門の人員を雇うところもあります。

 

「Office」などのソフトが使えることはもちろんですが、ブライドタッチができることは最低限の条件になることが多いです。入力速度だけではなく、正確性も問われますがPC操作に慣れた方であれば、職歴もほとんど関係なく、ニートでも始めやすいチャンスのある仕事と言えます。

 

 

 

ニートでも採用されやすい仕事としては、ある意味で需要と供給が一致していない市場(供給が足りていない市場)です。こういった市場は経歴に関係なく、仕事に就きやすいという意味でニート脱出にも向いています。

 

ある意味で、どの仕事というよりも「派遣」や「アルバイト」、できれば「紹介予定派遣」がおすすめだと思います。こういった比較的気楽に働ける環境で仕事を始めてみるのが社会復帰の第一歩には良いかと思います。

 

アルバイトでも良いですが、学生でない限りは給料の面でも条件のいい派遣社員を選択するのが良いでしょう。特に派遣の中でも正社員を前提に派遣社員として働く「紹介予定派遣」はニート脱出には最適な働き方ではないでしょうか。

 

派遣には色々な仕事があるので、自分の興味のある分野をスキルアップしながら働いたり、人との関わりの少ない仕事、工場などで働くのも良いでしょう。

 

派遣は責任感がないとは言いませんが、正社員よりも責任感は少ないのが実際のところです。派遣でスキルを身に付け、ステップアップしていくのも良いですし、ゆくゆくは働きたい職場に就く、または独立という選択肢も出てくるかもしれません。

 

ただし、正社員を目指して仕事を始めたい人は正社員を目指すのが一番理想だと思います。そのうえで面接をネックに感じるなら「エージェントの力を借りる」ことをおすすめします。

転職エージェント

キャリアスタート

  • 脱ニート・フリーターをサポート
  • 未経験からでも正社員になれる
  • 面接成功率70%の心強いサポート力

詳しくはコチラ >

人材派遣

ヒューマンリソシア

  • 充実のスキルアップ支援で未経験でも働きながら学べる
  • 専門職に強く、事務系求人も多数
  • 派遣なので面接もパスしやすい!面接というよりも顔合わせ

詳しくはコチラ >

ニートに戻ってしまわないために大切なこと

いざ働き出した、でもすぐに仕事をやめてまたニートに出戻り、これはできることなら避けたいことです。これは誰にでも言えることですが、就職をしても必ず挫折する瞬間はやってきます。

 

どんなに優秀な人でも失敗はしますが、仕事ができる人は被害を最小限に抑えながら、カバーできる方法を取るだけの違いです。仮に失敗しても「終わった…」と心配しすぎる必要はありません。

 

自分を信じれば、乗り越えられることもありますし、もし、仕事が合わなければ「転職」という選択肢もあります。職歴がないよりも、転職回数が多く経験値の高い人の方が評価されやすい現実もあります。

 

就職先がミスマッチだったとしても、もっといい仕事が見つけられるかもしれません。社会に復帰して出てきたばかりなのですから、ここで終わりではありません。

 

さらに前の段階である、面接以前の選考で落とされてしまうことも出てくるでしょう。就職活動においては、この程度は当たり前のことです。何件、何十件も応募して、やっと面接にたどり着けるもので、そこでまた落とされることも出てきます。

 

落とされてしまうのは、ニートなのがすべてではありません。多くの人が応募し、自分とマッチしなかっただけです。数回のチャレンジで自分はダメだと思えばニートに逆戻りしてしまうため、とにかく応募し、続けてみるのが大切です。

 

仕事も、仕事に就くまでもある程度の期間、できれば成果を挙げられるまで続けてみることです。そのうえで合わないと感じたら、別の仕事を探すのもありです。あまり深く考えすぎず、また、自己嫌悪に陥らないように自分のペースでチャレンジしてみてください。

 

また、一人で続けるのが難しいときに転職エージェントや派遣会社を活用することでサポートを受けながら仕事を探したり、仕事に就くことができるので一人で就職活動を勧めなくてもいい、サポートを受けられる体制が継続しやすい環境づくりにもつながるので活用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ニートだからといって就職できないわけではありません。一般的な就職活動よりも厳しい面はありますが、諦めることなくチャレンジすれば、これまでとは違った新しい道筋が見えてくるでしょう。