喋らなくていい仕事一覧

喋るのが苦手・嫌い!喋らなくていい仕事には何がある?探し方は?

人と関わるのが苦手、電話も出たくない、なるべく会話もしたくない、そんな仕事中の会話の少ない喋らなくてもできる仕事や比較的会話の機会の少ない仕事についてまとめました。

 

人との関わりな苦手な人や喋るのが苦手な人、会社の上下関係にわずらわしさを感じている方には向いている仕事です。

 

喋らなくてもいい仕事一覧

工場系の仕事

ライン作業や倉庫内作業などであれば、与えられた自分の仕事を黙々とこなすことができ、業務上のやり取りも少なく、喋る機会はあまりありません。また、プレス工などの「うるさい仕事現場」であれば騒音がすごくてそもそも会話が困難な場合もあります。

 

ただし、工場は規模にもよりますが周りとの連携が必要な場合もあり、その場合は密なコミュニケーションが必要になります。また、工場系の仕事で厄介なのは大手企業の工場などに勤めると定期的に朝礼や危険予知訓練(KYT)などでスピーチをさせられる機会がある点です。

 

新聞配達員

新聞配達の仕事は新聞の荷積みの際に集配所で簡単な会話の可能性がありますが、配達時は基本的に一人になるため会話の機会はありません。配達先や配達中に挨拶や道を尋ねられることはありますが仕事上の会話は少なく比較的気楽にできる仕事と言えるでしょう。

 

トラック運転手

トラック運転手はある意味で新聞配達と同様で配送中は基本的に一人になることが多いので喋る機会はとても少ないです。短距離、長距離など色々ありますが、1日中車に乗っていたり、長距離運転の必要が出てくるので車好きの方に向いている仕事と言えます。重い荷物の積み下ろしも行うとなれば体力や筋力も必要になります(自分でしない場合もあります)。

 

電気メーター検針員

家々の電気メーターの検針を行う仕事で、これも新聞配達やトラック運転手同様業務中は一人で動くことが多いため喋る機会はほとんどなく、数をこなす体力勝負な仕事です。

 

ただし、スマートメーターの導入などにより今後仕事が減ることが予想される仕事なので今のタイミングでこの仕事に就こうとすると先が不安になるかもしれません。

 

ポスティング

チラシやDM、広告などを家々のポストに投函するポスティングの仕事は電気メーター検針員と同様に体力勝負な仕事で、一人で動くことが多く、仕事上の会話はほとんどありません。

 

 

 

この5つの仕事は比較的人との関わりが少なく、業務上の会話も最小限に済む、喋らなくていい仕事の代表的なものになります。

 

その他施設警備員や清掃員、スーパーのバックヤードでの仕事も比較的喋る機会の少ない仕事と言えます。ただし、警備や清掃などは一人で行う場合を除いては周りとの連携が必要になる場面はあります。

 

完全に喋る機会をなくすには専門職を活かして独立したり(独立しても営業が必要になる可能性はあります)、フリーランスとしてインターネットを活用して稼ぐくらいしかありません。しかし、当然その道は容易ではないのであまり甘く考えないことも大事です。

 

厳密に言えば一人でできる仕事はほとんどないので大小少なかれ会社に務める上では会話は必要になります。その上でここで紹介した5つの仕事、業種は仕事全体の中でも喋る機会の少ない代表的な仕事と言えます。

 

どんな仕事なのか?

喋らなくてもいい仕事は=一人でできる仕事と考えても良いでしょう。特に「外出の多い仕事+一人でできる仕事」には喋らなくてもいい仕事が多いです。一見すると営業職も当てはまりますが目的地が「人」か「場所」で喋る機会は増減しそうですね。

 

一人でできる仕事というのは人と関わる機会が少ないので当然喋る機会も少ないです。仕事の傾向としては外出の多い仕事やあまり考えなくてもできるような仕事が多いのでどちらかと言うと単純作業系で収入も社会的地位も低いような仕事が多くなります(少し語弊があるかもしれませんが)。

 

一人でできる仕事については「一人でできる仕事」でもまとめていますが、喋らなくていい仕事同様、内職やポスティングなど単調な作業に多い傾向があります。

 

メリットとデメリット

喋るのが苦手・嫌いな人に最適

人前で喋るのが苦手な方はもちろん、仕事の上下関係が窮屈に感じている方や上司に頭を下げたくない人などにも向いています。 同僚との付き合い方次第ではありますが、喋る機会が少ないので人間関係は希薄になりがちです。

 

声が出にくくなる、会話が苦手になる

人は喋る機会が少なくなると声が出にくくなります。また、喋るのが苦手な方が逃げる形で喋らなくてもいい仕事に就くと余計に会話が苦手になってしまう心配があります。

 

 

 

当たり前ですが、 会話は苦手でも仕事に関するやり取りや挨拶くらいはきちんとしなければいけません。話すのが苦手でもぎこちなくてもいいから受け答えは頑張ること、この辺を努力すれば最低限の人間関係は保てるのでうまくやっていけるでしょう。

 

こんな人におすすめです

  • 喋るのが苦手な人
  • どもり症の人
  • 対人関係が苦手な人
  • 上司にペコペコしたくない人

喋らなくていい仕事に就きたいと考えている方も色々だと思いますが、単純に喋りたくないと思っている人はともかく、例えばどもり症で喋るのが苦手な人や対人場面が苦手な方は人と接する機会が多い仕事や電話がひっきりなしにかかってくるような仕事では苦痛を感じてしまうかもしれません。

 

そんな方にとっては働きやすい職場になるはずです。

 

喋らなくてもいい仕事の探し方

喋らなくてもいい仕事(喋る機会の少ない仕事)は工場系の仕事に多いので工場関係で働くなら「工場の仕事」、その他面接などでも喋りたくないということであれば、面接なしでも始められるバイトやパート、正社員であれば比較的受かりやすいです。面接なしでも始められる仕事については「面接なしで始められるバイト・仕事」で紹介しています。

 

仕事を選ぶ際もその仕事の内容や業務の流れを想像することで会話の機会が必要になるタイミングも見えてきます。一番手っ取り早いのは仕事に就く際、または面接の際などにどんな仕事内容か仕事の全体像を聞いておくことですが、就こうと考えている仕事を調べることで人との関わり具合は見えてきます。

 

最後に

まったく喋らなくてもいい仕事というのは厳密に言えばありません。最低限の会話やコミュニケーションは仕事を円滑に進める上で必ず必要になります。しかし、その機会の少ない仕事というのはあります。

 

仕事には向き不向きがあるので自分に合った環境であれば、楽しく長く続けることもできるはずです。仕事に対する考え方というのも人それぞれにあるので正解不正解はありません。続けることで居心地の良い環境になれば日常会話の機会も増えるかもしれません。

 

ただし、人と会話するのが苦手だけどできれば克服したいと思っているのであれば、荒療治にはなりますが営業職などで苦手意識を消す方向に動いてみるのも一つです。転職の機会はあれど仕事は生涯続けて行くことになるので自分の納得できる(後悔しない)道を歩んでください。

 

人それぞれに合った仕事はあるはずなので自分に合う仕事を見つけれるように職探しを進めてみてください。