人と関わらない仕事がしたい方のための転職エージェントの選び方

人と関わらない仕事がしたい方のための転職エージェントの選び方

転職・就職に有利な転職エージェントを利用するには、まず転職エージェントに登録する必要があります。選択する会社によって、紹介される求人やサポートの内容・質に違いがあります。

 

少しでも有利に目的の仕事に就くためにもあなたに合った転職エージェントを活用し、有利な就転職活動を進めてください。
ここでは、転職エージェント選びの比較重要項目と注意点、選び方のコツを紹介します。

 

 

転職エージェントを利用した仕事に就くまでの流れは「転職エージェントの仕事に就くまでの流れ」で紹介しています。


転職エージェント選びの比較重要項目

 

 

派遣会社選びで比較検討する項目は「転職エージェント・人材派遣会社の比較重要項目」で紹介していますが、その中でも人と関わらない仕事や精神的に楽な仕事に就きたいと考える上で重要になるであろう項目をピックアップします。


 

  1. 求人案件数
  2. フォロー制度
  3. キャリアアドバイザーの質
  4. 得意分野・ジャンル
  5. 対応地域・拠点の場所
求人案件数

例えば、あなたの希望・要望にマッチした案件が数件しかないような場合だと必然的にその中から選ぶことになります。求人案件数が少ないとそれだけ選択肢を狭めてしまう可能性もあるので、はっきりとした方向性が決まっていない場合は大手など多くの求人案件を抱える転職エージェントを利用するのが無難です。

 

また、転職実績の豊富な大手転職エージェントほどハローワークやその他転職エージェントでは取り扱っていない非公開求人も多く取り揃えているものです。そのため、求人案件数の多い「大手」は一つの比較重要項目と言えます。

 

フォローの充実

転職・就職活動には就業先の選択だけでなく、準備や打ち合わせ、面接など数々のステップが含まれます。一つ一つを確実に超えていくことで希望の仕事に就くことが可能になります。

 

内定を確実なものにするために書類添削や面接対策、その他推薦状の作成や日程調整、給与などの条件交渉などあらゆる面であなたを転職をサポートしてくれます。転職エージェントの担当者が同席する場面も多いのでサポート体制のしっかりした手厚いフォローを受けられるのは転職エージェント選びは転職の成功率を上げるために重要になります。

 

キャリアアドバイザーの質

転職エージェントだけでなく、あなたに付く担当者(キャリアアドバイザー)の質も非常に重要な部分ですが、基本的に担当者は選ぶことができません。ある意味で運的な要素も高いですが、サポート・フォローなどに力を入れている転職エージェントは良い担当者に出会える確率も上がります。

 

力のある担当者を抱える転職エージェントを利用すれば当然就職・転職も有利に運びます。あなたの希望・要望を汲み取った案件を紹介してくれているか?親身に相談に乗ってくれているか?などキャリアアドバイザーの対応もよくチェックしておきましょう。条件良く仕事に就けるかどうかは担当者の腕にかかっています。

 

得意分野・ジャンル

転職エージェントにも幅広い種類の仕事を取り扱う総合型転職エージェント(主に大手)と特定の分野の求人(IT・介護・看護など)のみに特化した転職エージェントなど様々です。あなたが「進みたい方向性」が決まっている場合は小規模な転職エージェントでも大手以上に有利に活動を進められる場合があります。

 

 

特定のジャンルに特化した転職エージェントは求人案件数こそ少なくはなりますが、大手でも取り扱っていない案件を取り扱っていたり、専門分野だけあり、きめ細やかなサポートを受けられます。


 

詳しくは「総合型と特化型の併用がベスト」で後述していますが、大手(総合型)と中小(特化型)にはそれぞれにメリットデメリットがあります。あなたの進みたい方向性にマッチした転職エージェント選びも重要です。

 

対応地域・拠点の場所

繰り返しになりますが、「転職エージェントの仕事に就くまでの流れ」でもお伝えしている通り、転職エージェントを利用するには転職エージェントに登録する必要があります。

 

登録後は基本的にはカウンセリング(面談)を行いますが、できるだけ対面でカウンセリングを受けた方が希望や要望が伝わりやすくなります。可能であれば拠点が近くにある転職エージェントを利用すると良いでしょう。特に現在お住いの地域で仕事を探す際には、近くに拠点のある転職エージェントは地元企業の案件を多く取り揃えていることが多いです。そのため、地元企業を探しやすいという利点もあります。

 

転職・就職活動をスムーズに運ぶためにはなるべくアクセスのしやすい転職エージェントを選択するのも大切です。

 

転職エージェント利用の心得・注意点

  1. 関係を断つ(切る)ことも重要
  2. 転職エージェントは使い倒す
関係を断つ(切る)ことも重要

転職エージェントの利用時に気を付けることの一つとして、利用している転職エージェントを切ることもときには大切です。要は利用をやめるということです。

 

カウンセリングを経て希望の条件を示したのに紹介される案件は希望にマッチしないものばかりの場合や無理矢理仕事を進めてくる場合は利用をやめる決断も必要です。

 

これは一つの転職エージェントのみを利用している場合の弊害でもありますが、紹介された案件を断ることで関係の悪化を懸念してしまう方がいます。「断って良い案件を教えてくれなくなったらどうしよう」という気持ちが芽生え、譲歩してしまう方もいます。

 

もちろんどこかで譲歩することも時には必要ですが、希望にマッチした案件でなければあなたの満足度は下がります。長く働く企業を探すのであれば、余裕をもって仕事を選べるように断る勇気と複数社の利用も意外と重要なポイントです。

 

転職エージェントは使い倒す

転職エージェントのキャッシュポイントはあなたの就職成功です。ほとんどの会社を無料で利用できるのは、あなたの就職が決まることで就業先企業から転職エージェントに紹介料が支払われるからです。つまりあなたの就職成功は転職エージェントの利益になるため無料でサポートしてくれるというわけです。

 

そのため、あなたも転職エージェントを徹底的に利用するべきです。少しでも条件の良いところを紹介してもらえるように妥協せず臨むと良いでしょう。

 

ただ、「オレのおかげで飯が食えてんだぞ」という勘違いや高圧な態度を取るのは絶対にNGです。関係が悪くなるだけなので信頼関係を築き二人三脚で就職を目指しましょう。

 

総合型と特化型の併用がベスト

最初から就きたい仕事の分野・ジャンルや方向性が決まっているのであれば専門分野特化型の転職エージェントに登録するのがベストです。

 

ただ、当サイトに訪れた方には「人と関わらない仕事」がしたいとは考えつつもどんな仕事に就いたらいいのかを決めかねている方も多いと思うので、そういった場合はとりあえず総合型の大手転職エージェントを利用するのをおすすめします。

 

一度総合型転職エージェントでキャリアアドバイザーとカウンセリングを行うことで自分の進みたい分野が明確になれば、その後特定の分野に特化した転職エージェントを利用してみるのも転職エージェントの賢い使い方と言えるでしょう。

 

総合型転職エージェントで方向性を絞り、特化型転職エージェントで手厚いサポートを受ける

 

このように総合型と特化型を同時に利用することで、それぞれのメリットがプラスされ、デメリットを補うことも可能になり、マッチングの精度は向上します。

 

なのでどの転職エージェントを選んでいいのかわからないときはまずは総合型転職エージェントへの登録から始めてみると良いでしょう。

 

総合型転職エージェントのおすすめランキングも紹介しているので上の比較項目を参考にしつつ、気になるところに登録してみてください。
総合型転職エージェントおすすめランキング