転職エージェントの仕事に就くまでの流れ ※登録から内定まで

転職エージェントの仕事に就くまでの流れ ※登録から内定まで

転職支援サービスである人材紹介会社、通称「転職エージェント」は転職者と企業の間に入り、仲を取り持ってくれます。煩わしい転職作業の負担が軽くなるだけでなく、転職を有利に運ぶことができます。

 

無料でそんなサポートを受けることができるのであれば使わない手はありません。

 

転職エージェントのサポートを受けるには人材紹介会社に登録する必要があります。まずはインターネットや電話などで問い合わせ、カウンセリングに出向きましょう。

 

ここでは転職エージェントの利用(登録)から、内定(就業)までの流れを詳しく解説しています。

 

基本的にはハローワークの民間版みたいなものなのでハローワークに行くくらいのつもりで参加すればOKです。
(キャリアアドバイザー・キャリアカウンセラー・キャリアコンサルタントなど呼び方は色々ありますが意味は基本的に一緒です)

 

転職エージェントの登録までの流れ

  1. 転職支援サービスへの申し込み
  2. サービスの連絡(確認)
  3. カウンセリング(面談・相談)
  4. 登録完了
転職支援サービスへの申し込み

まずはエージェントのサポートを得るために、転職エージェントに登録することから始めます。登録はインターネットや電話からも可能ですが、インターネットから申し込み、プロフィールや希望条件、経歴などを入力し、申し込んだ方がその後話がスムーズに進みます。

 

そのため、基本的にはインターネットからの登録をおすすめします。
それぞれのエージェント会社の登録フォームからプロフィール・希望条件・経歴、その他情報を入力し、申し込みを行います。5〜10分程度もあれば申し込み完了です。

 

※申し込み内容からエージェントが求人状況を調べるため、見栄を張ったり、誤った情報を入力しないようにしましょう。

 

サービスの連絡(確認)

申し込み後早くて即日、2〜7日程で今後のサービスについて確認の電話、またはメールが届きます。状況によってキャリアアドバイザーとの面談・相談が行われ、面談が難しい場合は電話での対応になります。

 

 

登録した転職エージェントによってはマッチする案件が見つからず、1週間〜2週間以上時間がかかる場合もあります。そのため複数のエージェントを利用するのも一つの手です。


 

カウンセリング(面談・相談)

日程調整後、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーと一対一でカウンセリングを行います。カウンセリングは1〜2時間前後を予定しておきましょう。あなたの希望や要望を聞き、条件にあった求人があるのかなどを簡単に紹介してくれるため、ある程度思いをまとめておくと話が進みやすいです。

 

 

面談では主に「キャリアの棚卸」や「方向性の明確化」が行われ、これまでの経験からどのようなキャリアが身に付いているかをプロの目から客観的に整理してくれます。自分では気づかなかった強みや弱み、可能性を発見できることもあり、なるべく対面での面談をおすすめします。


 

その他、今後のキャリアプランや具体的に選考では何をアピールすべきなのかなど気になることは洗いざらい聞いておきましょう。これは面接ではないので緊張する必要はありません。構えずに気楽に臨みましょう。

 

※遠方に住んでいる場合は電話でのキャリアカウンセリングも可能ですが、当然会って話した方がいいので近くに拠点を持つ転職エージェントを選ぶのもポイントです。

 

登録完了

これにて転職エージェントへの登録完了です。
カウンセリング時にすぐに仕事を紹介してくれる場合もあれば、後日吟味した上での紹介など転職エージェントや担当者、または転職希望者により様々です。即決する必要はないのでまずは面談・相談のつもりで出向くだけでも構いません。

 

転職エージェント登録後の企業内定までの流れ

  1. 登録
  2. 求人紹介
  3. 書類添削・面接対策・推薦状の作成
  4. 応募・書類選考・面接
  5. 内定・退職交渉・入社
登録

転職エージェントへの登録までの流れは上で紹介しています。

 

求人紹介

カウンセリングで伝えた希望や要望(転職プラン)にプラスして、あなたの経験やスキルを踏まえて求人情報の中から最適な仕事・最も力を発揮できる企業を紹介してくれます。出された求人に必ず決める必要はないのでこだわりを持って臨むのも良いでしょう。

 

カウンセリング時にすぐに紹介してもらうこともあれば、後日再度面談、または電話やメールで紹介されることもあります。

 

直接話すことで気になったことはすぐに聞くことができ、以下のような求人票だけではわからない詳細な情報も聞き出せます。

  • 志望業界の最新動向・成長性
  • 求人企業の社風(雰囲気)・職場環境
  • 入社後のキャリアパス
  • 書類選考通過・面接通過の難易度や通過率
  • 採用の重要ポイント
  • 働く環境(平均残業時間・育児休暇取得実績など)
  • 一般転職サイトには掲載されていない非公開求人

など他では手に入らない情報も多数あるので、会う会わないは別にしても話し合いの機会を持ったときは気になることはしっかり聞いておきましょう。

 

書類添削・面接対策・推薦状の作成

応募先の企業が決まれば、内定を勝ち取るためのサポートを受けられます。

 

書類選考通過の確率を高めるために職務経歴書や応募書類の添削やアピールできる書類の書き方のアドバイス。職務経歴書に添えて、プロの視点で見たあなたの価値(魅力・人柄・強みなど)を応募先企業へ印象付ける推薦状の作成。面接が苦手な方には雰囲気に慣れてもらうための模擬面接や過去の面接で実際に行われた内容を教えてくれます。

 

こうしたサポートを受け、万全の体制で面接へ臨むことができます。

 

応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、キャリアアドバイザーが企業にあなたの推薦を行います。

 

簡単に決まることもありますが、派遣社員と違い、ほとんどの企業で面接はありますのでしっかり対策を行い、内定を勝ち取りましょう。担当者によっては応募者に付き、企業へ特別に推薦してくれることもあります。

 

面接は1〜2回。大きい会社は2回行うところが多いです。

 

内定・退職交渉・入社

晴れて内定が決まれば、後は現会社での退職を進めます。
入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなどをキャリアアドバイザーに頼ることもできます、また交渉しづらい年収などの条件交渉も行ってくれます。

 

ちなみに「内定=決定」ではないので、複数の企業の面接を受けたい場合は内定が出ても考えることは可能です。こういったときもエージェントに相談してみると良いでしょう。

 

転職成功後は基本絡みはないですが、転職後の相談に乗ってくれる転職エージェントも多いので悩みや不満があるときは相談してみるのもおすすめです。

 

 

 

利用する転職エージェントによって多少の違いはありますが、大まかにはこの流れで進みます。

 

流れを確認してみるとわかるように、本来一人で全てを行うところを随所であなたのサポートをしてくれています。有利に転職作業を勧められるだけでなく、時間的にも労力的にも楽になるのがわかります。

 

とにかく便利で、しかも有利な転職方法なので転職者は使わない手はありません。

 

エージェントとの相性や好みもありますが、最初から使わないと判断するのはもったいないので活用してみることをおすすめします。

 

転職エージェントの選び方については以下で紹介しているのでどこを選んでいいのか迷った際は参考にしてください。主に当サイトで紹介する人と関わらない仕事を探す場合の選び方に特化した選び方を紹介しています。
転職エージェントの選び方

 

 

転職以外では使えないの?
現在就活中・または無職、そんな方は転職エージェントは使えないのか?
「転職エージェント」という名前からも転職のときにしか使えないように思ってしまいますが、そんなことはなく、無職の状態でも利用することができます。ただし、転職エージェントによって登録基準を設けている場合もあるので現在無職という方は登録前に確認しておきましょう。